YouTuberの事務所とは何なのか

May 13, 2018

mcn 事務所

はじめに

YouTuberという言葉が浸透してきた今、”YouTuberの事務所”という言葉を聞いたことがある方も少なくないかも知れません。

この記事では:

  • YouTuberの事務所とは何なのか
  • YouTuberがYouTuberの事務所に所属するとはどういうことなのか
  • YouTuberが変えられる日本の芸能界の仕組み

について書こうと思います。

YouTuberの事務所とは何なのか

テレビに出ている芸能人を管理する、芸能事務所というものがあります。YouTuberの事務所もそれと同じで、YouTubeに動画をアップロードしている方々 (YouTuber) を管理する組織です。

YouTuberの事務所が、所属しているYouTuberに具体的に何を提供しているのかは、芸能事務所と同様、各々のYouTuberの事務所によって異なります。

ここでは、一般的なYouTuberの事務所が、所属しているYouTuberに何を提供しているのかを書きます。

事務所がYouTuberに提供するもの

一般的にYouTuberの事務所は、所属するYouTuberに対して動画にするべきトピックに関してアドバイスをしたり、YouTuberと仕事をしたい会社と所属するYouTuberを繋いだり、YouTubeに関する色々な教育 (FinalCutなどの動画の編集に利用するソフトウェアの使い方のトレーニングや、どういう動画の編集がYouTubeに適しているのかアドバイスを行ったり) を提供したり、同じ事務所に所属するYouTuber同士のコラボを提案してくれたりするそうです。

10代、20代はテレビを見ませんから、それらの年代の方々に向けて広告を使って宣伝を行いたい会社は、テレビではなくYouTubeで広告を出すことは良くあるでしょう (特に海外では顕著)。その時に、例えばYouTuberを起用した広告を作る場合、広告を出したい会社が必ずしもどういうYouTuberを起用すれば良いのか知っているとは限りません。そういった場合、YouTuberの事務所に、こういう広告をこういう人たちに向けて作成したいと相談すると、それに見合ったYouTuberを紹介してくれたりすることもあるでしょう。

動画の編集に関する教育が受けられること、仕事を見つけてくれること、同じ事務所のYouTuberとコラボできることは、YouTuberにとって事務所に所属することによる良い点でしょう。特に、会社からの仕事を見つけてくるのは、個人で活動している場合は難しいと思います。当然、皆んな人気のあるYouTuberを起用したいでしょうから、事務所に所属すると必ず仕事が見つかる訳ではないでしょうが、その機会が増えるのは良いことです。

YouTuberが事務所に提供するもの

上記の例の様に、YouTuberの事務所が所属するYouTuberに提供するものは沢山あります。しかし同時に、YouTuberが所属する事務所に提供するものもあります。その内、最も顕著なものが、YouTuberがYouTubeから受け取る収益でしょう 1

最初に書いた通り、YouTuberの事務所がYouTuberに何を提供しているのかは、各々の事務所に依存します (ビジネスモデルが各々異なる場合があるでしょう)。一般的には、事務所がYouTuberに提供するもので書いたようなものを提供する代わりに、所属するYouTuberがYouTubeから受け取る収益の一部を徴収する事務所が多いようです。

YouTuberが事務所に所属するとはどういうことなのか

YouTuberが事務所に所属するということは、事務所がYouTuberに提供するものYouTuberが事務所に提供するものを天秤に掛けるということです。得るものの方が大きい場合は、事務所に所属する方が良いでしょう。失うものの方が大きい場合は、事務所に所属しない方が良いでしょう。

しかし、ここではもう一点、是非考えて頂きたいことがあります。それは、現在の日本の芸能界の仕組みと、それを変えられるのはYouTuberだけである点です。

YouTuberが変えられる日本の芸能界の仕組み

現在の一般的な日本の芸能事務所も、上記で書いたYouTuberの事務所と同様に、所属する芸能人に提供するものがあり、それと同時に所属する芸能人が事務所に提供するものがあります。

私は日本の芸能事務所に詳しい訳ではありませんが、恐らく、芸能事務所に所属している芸能人は、自身の芸能を事務所に提供し、芸能事務所はそれを必要とする仕事を見つけてきます。つまり、とても大雑把に表現するならば、芸能事務所とそこに所属する芸能人の間には、派遣会社と派遣される社員が持つものと同様の関係があります。芸能人は仕事と直接の関係はなく、芸能人が得る収益は、自身の所属する芸能人事務所から支払われます。

YouTuberはどうでしょうか。YouTuberの収益は、YouTubeから支払われます。YouTubeが、直接YouTuberの銀行口座に振り込みます。これは、YouTuberが、収益を支払う存在であるYouTubeと直接関係を持っているからこそ可能なことです。

これを芸能事務所と所属する芸能人で例えると、芸能人とその芸能を必要としている仕事が直接関係を持っている状態と同じです。しかし、こんな状態はあり得るのでしょうか。芸能人本人が、例えば広告の会社と直接関係を持っていたり、自身で自身を管理する事務所を持っていればあり得るかもしれません。しかし、私が想像する限り、それはその芸能人が既に大成功している場合が多いのではないでしょうか。つまり、芸能人が直接仕事と関係を持つには、既に大成功していることが必要のようです。

YouTuberは、芸能人とここが一番大きく異なります。YouTuberは、自身がYouTubeに動画をアップロードした時点で、既に仕事と直接関係を持っているのです 2。芸能人が、成功を持ってしてやっと手に入れられるものを、成功する前から、最初から手にしているのです。

これは、収益を得るために事務所に所属する必要がない芸能界の誕生を意味します。現在の、そもそも収益を得るためには事務所に所属する必要があった、従来の芸能界とは仕組みが全く異なります。正確には、従来の芸能界とは仕組みが全く異なる芸能界が作れる大きな機会なのです。

米国の10代は、2014年の段階で既に、映画やテレビを含んだ全ての芸能人の中で好きな芸能人トップ20人の内10人がYouTuberで、トップ5は全員YouTuberでした 3。日本でも、小学生の間で成りたい職業にYouTuberが入っているくらいです。YouTuberは、米国だけでなく、日本でも既に十分に影響力のある存在です。

自身が事務所に所属するべきか悩んでいるYouTuberの方々は、上記のことを参考にしていただければ幸いです。日本の芸能界を今のままにしておくも、全く新しい芸能界を作るも、全てはあなたが担っています。

さいごに

少し端折った部分もありますが、大雑把に、

  • YouTuberの事務所とは何なのか
  • YouTuberがYouTuberの事務所に所属するとはどういうことなのか
  • YouTuberが変えられる日本の芸能界の仕組み

を解説しました。

この記事が、YouTuberの事務所のこと、YouTuberが日本の芸能界を変えられることなどを理解する助けになれば幸いです。


  1. 日本で有名なYouTuberの事務所、UUUMさんの場合に関しては、UUUMさんのサイトをご参照ください (https://creators.uuum.jp/) [return]
  2. 厳密には、アップロードした動画を収益化した時点で、です (https://support.google.com/youtube/answer/72857?hl=ja) [return]
  3. http://variety.com/2014/digital/news/survey-youtube-stars-more-popular-than-mainstream-celebs-among-u-s-teens-1201275245/ [return]
comments powered by Disqus